支援員向け

支援員向け

学童常勤指導員が伝える、やりがいと成長のある仕事とは?

学童常勤指導員は、子どもたちの成長をサポートするやりがいと、自身も成長できるチャンスがある仕事です。子どもたちと触れ合うことで、新しいことを学び、自己成長を実感できます。また、子どもたちや保護者からの感謝の言葉や成長を目撃することで、やりがいを感じることができます。学童常勤指導員には責任感とコミュニケーション能力が求められますが、その中で自分自身も成長し、充実した日々を送ることができる仕事です。
支援員向け

学童保育の仕事・勤務、辞めたくなったら読むページ 学童指導員からの卒業―心の葛藤と新たなステップへの決断

学童指導員の仕事に疲れて辞めたいと思ったことは1度はあるでしょう。辞めたいと思ってしまうと仕事に行くのも辛いですよね。自分に合った新たな可能性を探すことも大切。転職や資格取得、独立などの選択肢がある。自分の将来について考える機会にもなります。
学童保育について

学童保育で働いてみませんか?学童保育の仕事紹介 アルバイト・パート編

学童の仕事って『多くの方がどのような仕事を受け持つのか?どのような事をしなければならないのか?自分でも大丈夫そうなのか?』という不安は大きくなると思います。今回の記事で学童の仕事内容を知ってもらい、多くの方に応募してもらいたいです。
学童保育について

学童保育指導員の給料が低い!?給料をあげるには?平均はどのくらい?

学童保育業界の給料って低いですよね。。。そんなに楽な仕事でもないですし、子どもの預かりの場で責任もありますし、こんなに低賃金で良いのかと思ってしまう位です。保育関連の日本の給与の低さ、ではどうすれば給料は上がるのでしょうか?
学童保育について

学童保育で働くことに悩んだら読むページ ‐指導員向け‐

人間が生活していく以上、どのような場面でも悩みというものは発生してくるのは仕方がないですが、前向きな悩みであるといいですね。 今回の記事では学童で働くことに悩んだらというテーマで良くある悩みをあげていきたいと思います。
支援員向け

なぜ指導員間の連携が高まらないのか?学童保育支援員

指導員間の連携は大事なのですが、何だかうまくいかない、難しいと思っている方、クラブも多いのではないでしょうか?今回は連携がうまくいかない理由について考えてみました。
学童保育について

子どもの発達 【図解】運営指針解説

今回は学童保育の基本、放課後児童クラブ運営指針を解説していきます。今回は図解も含めて解説していこうと思います。今回は第2章の事業の対象の子どもの発達について記載していきます。子どもの発達の目安を知っておくのはとても大事な事ですので学んでおきましょう。
支援員向け

【おすすめ保育力向上法】保育実践を書く時のポイント

保育力の向上に実践記録を書くことはとても有効な学習法です。今回は書くためのポイントを書いていこうと思います。なかなか難しいと思っている方もいるかと思いますが、皆さんも取り組んでみて下さい。
入所後について

学童保育の安全対策とは?子どもたちが安心して過ごせる理由とは

学童保育の役割のひとつに安全に過ごすという事もあります。もちろん環境をしっかりと整える事も必要ですが、子ども自身が安全に過ごせるように身に付けていく事も同じくらい大事ですよね。学童での安全についての考察をしていきます。
支援員向け

学童保育 放課後支援員・クラブ内職員間の『連携』を考える

学童保育クラブの職員連携について書いてあります。連携ができるか、できないかによって保育の質が大きく違ってきます。協力体制がしっかりと取れているクラブづくりの為に是非読んでみて下さい。
支援員向け

保育実践記録を書いてみよう「なぜ書くのか」編

保育の資質を向上させる方法のとても良い方法に保育実践を書くというものがあります。今回は保育実践を「なぜ書くのか」という事について説明していきます。「言語化」という重要テーマから解説していきますので最後までご覧ください。
子ども関連

『アオアシ』紹介から学童・子ども関係へも生かせる

サッカー漫画・アニメの「アオアシ」見たことがありますか?とても面白いのは間違いないのですが、多方面に生かせる要素がたくさんちりばめられています。学童関連や子ども関連にも繋げられることもありますので紹介したいと思います。
支援員向け

学童保育での夏休みの計画について

皆さんのクラブでは夏休みの計画はいつごろから計画し始めますか?夏休みを充実したものにするにはしっかりとした準備が必要です。夏休みの計画の際気を付ける事、考えておきたいところをまとめてあります。
支援員向け

学童保育の日常生活や活動の様子をどう伝えるか?

安心して学童を利用してもらうためにも、日頃より保護者に様子を伝えていく事は非常に大切な事となります。今回は伝えるにあたっての方法や伝える場所・形態を解説していきたいと思います。苦手な方も多くいると思いますが、どんどん伝えていきましょう!
学童保育について

学校との協力や連携などはできていますか? 学童保育での生活をより良くするために

学童に通っている子ども達の生活の場は学校・家庭・学童が主にあります。それぞれが連携することで子ども達の生活はより良くなっていきます。今回は学校と学童の連携を書いていこうと思います。クラブの設置場所が学校内外問わず連携は必要となってきます。
支援員向け

学童クラブ 放課後児童支援員の待遇について 待遇交渉などはできますか?

学童保育も2~3月は新年度の準備に移っていきますよね。支援員の労働条件や給与体系も新年度に合わせて変更がある場合もあります。良い方向に上がってくれれば良いのですが、なかなかうまくいく事ばかりでもありませんよね。やりがいだけでなく、給与としても正当に評価されたいところですよね。
子ども関連

「子どもために」と伝えた一言が未来の可能性を奪っている

書籍「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけないについてに書いていこうと思います。子どもに関わる人たち、もちろん学童保育の支援員にもとても役立つ内容となります。私の大事だと思った部分とおすすめポイントを記事として書きました。
支援員向け

放課後児童支援員の遊び支援について 様々なポジションから支援する

放課後児童支援員の遊び支援について解説していきます。遊びへの関わり方は様々あり、各ポジションから支援していきます。一緒に遊ぶこともあれば、調整役に回ることもあります。違った関わりをすることで子どもたちの別の姿も見えてくるかもしれませんね。
支援員向け

記録の大切さ 学童保育の仕事「なぜ記録することが大切なのか?業務効率化やトラブル対応に欠かせない理由」

保育においても記録はとても重要な役割を果たします。今回は記録の必要性を解説していきます。なかなか継続は難しい方もいらっしゃいますでしょうが、必要性を理解・再確認して取り組んでいけると良いですね。
支援員向け

直接話して伝える機会はどんなとき? 保護者との会話による伝え合い

保護者の方と話をする場面を解説しています。様々な場面が想定されますので必要に応じて使い分けられるように覚えておいてもらえると役立ちます。直接話しての会話形式の伝え合いは非常に多くの場面で使う事になると思います。話すのは苦手な方も積極的に取り組んでもらえればと思います。