学童保育で働くことに悩んだら読むページ ‐指導員向け‐

学童保育について
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

悩み少なく働く、前向きな悩みで働きたいですよね

 仕事をする・働く上での悩みがある事は仕方がないですよね・・・。人間が生活していく以上、どのような場面でも悩みというものは発生してくるのは仕方がないですが、前向きな悩みであるといいですね。

 今回の記事では学童で働くことに悩んだらというテーマで良くある悩みをあげていきたいと思います。前向きに悩んで解決・改善に向かうよう、私の関連記事も載せておきますので参考にしてみて下さい。

人間関係関連

子どもとの関係性に悩む

 保育の中で子どもとうまくいかないという事も大きな悩みの種ですね。学童保育の仕事をしていく上では中心となってくることになるので早急に解決・改善をしていきたいことになります。

 子どもと大人とは言え人間同士ならば合わない人も必ずいるでしょうし、学童の仕事に入りたての人は経験不足でうまくいかないこともありますし、職場の異動があれば環境が変わって悩むこともあるでしょう・・・

とは言え子どもとの関係性が悪いという事は致命的なので早急に解決しておきたい事です。

保護者との関係性に悩む

 子どもよりも保護者対応の方が骨が折れるなんて事たくさんありますよね。学校関連でもモンスターペアレント(モンスターペアレンツ)などと称された無理難題・過剰な要求・多くのクレームを入れてくる保護者もいるようです。

 子どもと話すのは大丈夫なんだけど、保護者とは何を話せばいいのか・・・なんて事も良くある話ですよね。

 この2つの項目は学童の仕事の根幹にかかわる事になりますので、もし自分の力量不足な部分があるようでしたら学習や研修をして実力をあげていきましょう。子ども関連の書籍を読むなども良いかもしれません。

 放課後児童支援員資格の研修だけではどうしても知識・経験共に足りていません。ひとつひとつの関わりから自分の力として身に付けていく事をおすすめします。

職員同士の関係性に悩む

 保育の考え方、仕事へ取り組む姿勢、常勤や非常勤などの立場の違い、そもそも仲が良い悪いなどで関係性が良好にいかないなんて事も多いのではないでしょうか?

 個人で保育に当たるという事は原則的には無く、職員同士の連携が必須となります。

 仕事上の関係性なので友人のように必ずしも仲が良くなければいけないわけではありませんが、関係性が悪い事は良くありません。立場や意識の違いや実力から関係性の影響が出てくることもありますが、あくまでも子どもや保護者の事を考えてを前提に仕事に当たりたいところです。

 現状、働くにあたっては必ずしも資格が必要な訳ではないので、色々な人が働くことにもなっています。コミュニケーションを良く取り連携して保育に当たりたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました