学童保育の人手不足が深刻化 職員採用を慎重に進める方法

学童保育について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

職員の採用は大変ですよね

 多くの業界が人手不足とニュースでもにかける中、学童保育業界も人手が足りていないところも多いのではないでしょうか。

学童保育において、人手不足が問題となっています。その原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 給与の低さ:学童保育の職員の給与は、保育士や教員などの他の教育関係職種に比べて低い傾向があります。そのため、他の職種に比べて人材確保が困難になっていると考えられます。
  2. 長時間労働:学童保育は、放課後の時間帯に行われるため、職員には長時間労働が求められます。そのため、労働環境が厳しいと感じる人が少なくありません。
  3. 人手不足の地域性:学童保育において人手不足が問題となっている地域は、都市部や人口密集地域が多い傾向があります。これは、人口増加によって子どもたちの数が増え、学童保育の需要が高まっているためと考えられます。

 そのような原因や背景があろうとも、職員がいない事には子どもたちを受け入れる事も出来ません。誰でも良いわけではありません。では、どのように採用活動を進めていけば良いのでしょうか。今回のまとめましたので是非ともご覧ください。

どのような募集方法があるの?

求人広告を企業に依頼する

 CMでも見かけるような大手の求人広告会社や新聞の折り込み求人等を利用することになります。

 もちろん、企業への外注になりますので広告の大きさや表示のされやすさによってかかってくる金額が違ってきます。

 それなりに金額がかかる分、フリーペーパー・チラシ、ネット掲載と広く募集を掛ける事ができます。

 企業側も一定数以上のPV数・応募数が結果としてでないと、次回使ってもらえなくなるので原稿修正等のサポートも充実しています。

 仕事を探している人の多くは求人サイトを見て探す事が多いです。他の方法よりもより多くの方に見てもらえることは間違いありません。

 タイミングであったり、あまりにもシビアな条件、同業種・他業種に比べ低賃金となってしまっていると、いくらお金を使って期間をかけても誰も応募が来ないという事もあります。

 せっかく費用をかけて募集をかける以上、応募者には是非とも来てほいいでしょうから、求人会社の担当者に情報をもらい、打合せの上決めていきましょう。

求人広告会社の人との打ち合わせ時にも必要となってくるポイントをまとめました。

1.伝えたい情報を明確にする 求人広告では、求める人材のスキルや経験、職務内容、勤務地、雇用形態、給与など、明確に伝えたい情報を整理して記載することが大切です。

2.偽りのない情報を提供する 求人広告には、偽りのない情報を提供することが大切です。求める人材像に合わない誇張や虚偽の表現は、求職者に不信感を与え、採用につながらないだけでなく、学童イメージにも悪影響を及ぼす可能性があります。

3.採用プロセスや応募方法を明示する 求人広告では、採用プロセスや応募方法を明示することが大切です。面接や選考のスケジュール、必要な書類や応募方法などを記載し、応募者にとってスムーズな応募手続きができるようにしましょう。

4.企業の魅力をアピールする 求人広告では、企業の魅力をアピールすることが大切です。企業の特徴やビジョン、社員の働き方や福利厚生など、企業独自の魅力を伝えることで、求職者の興味を引きつけることができます。

ハローワークを利用する

  1. ハローワークの窓口を訪問する。ハローワークの窓口に訪問し、求人を出す旨を伝えます。
  2. 求人票を作成する 求人票は、企業名や住所、求人の条件や内容、応募方法、給与等を記載したもので、ハローワークでの求職者の仕分けや、職業紹介などで利用されます。提供されている専用の求人票を用意し、必要事項を記入します。
  3. 求人票を提出する 求人票を提出する際には、ハローワークに登録している企業の証明書、事業所設置・営業許可証、印鑑、ゲートウェイ証明書等が必要となります。求人票が受け付けられると、ハローワークの求人情報システムに掲載されます。
  4. 求人票の内容の確認 求人票の内容に誤りがないか、掲載期間等が問題ないか等、確認を行います。必要に応じて修正を行ってください。

手数料がかかる事も有りますが、求人広告会社に比べれば安くはなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました